読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空をこえて

26歳の平凡日本語教師がエジプトで個性的な学習者と繰り広げる日々

エジプトの仕事 「え、土日休みじゃないの?」

f:id:hannuna:20170130193817j:plain

写真:道路標示を塗るおじさん

 

みなさんこんにちは。ハナです。


現在、28年度2次隊青年海外協力隊のボランティアとして、エジプトの大学で日本語を教えています。


前の記事では、任地で必ずどの隊員も受けるべき語学訓練(3週間程度)を受けられないまま、地方への赴任が決まったことをお話ししました。

hannuna.hatenablog.com


私の場合、協力隊の中でもけっこう異例。のんびり語学訓練をしていると受け入れ先の大学が長期休みに入り、活動することがなくなってしまうという危険があったためです。
JICAがいいかげんなわけではないですよ。(もっと早く教えてほしかったけど!笑)

 

 

エジプトのしごと

これから私の仕事やエジプト社会について書いていくわけですが、そのまえにエジプトの仕事のあり方について紹介します。休日や仕事時間、日本とだいぶちがうのではないでしょうか。

 

 

 

エジプトの「休日」は土日じゃない!?

日本での休日といえば、土曜日と日曜日のことですよね。そして、月曜日から仕事や学校が始まります。つまり、月曜日が一週間の始まりの日です。

 

しかし、エジプトでは休日という言葉が指すのは金曜日のことなんです。

 

エジプトは言わずもがな知れたイスラム教の国。国民の約90%がイスラム教徒です。イスラム教徒は1日に5回お祈りがあり、仕事場にある部屋、廊下の隅などで絨毯を敷いてお祈りしています。


しかし、毎日お祈りする彼らにとっても、金曜日は特別なお祈りの日。
この日だけは必ずモスクに集まって、イマーム(礼拝指導者)の説教を聞きながらお祈りをするそうです。でも、男の人だけ。

【補足】男の人→モスクに行くのが義務。女の人→行けたらいいけど義務じゃない、だそうです。女の人は子どもの世話とか生理による体調不良とかあるから無理しなくていいのだとか。

 

エジプトの曜日の名前は、数字の1から順に名前をとっています。例えば、「日曜日=第一曜日」「月曜日=第二曜日」のような言い方なのです。

しかし、金曜日だけは特別な名前が。アラビア語を勉強していた時「え、どうしてこれは第七曜日じゃないの?」って混乱しました(笑)。名前の語源は「集まる」だそうです。モスクに集まるという意味でつけられたのかな。

 

金曜日にお祈りをするのは、預言者ムハンマドが630年メッカに無血入城した日が金曜日だったからのようです。

金曜日以外の休日は、それぞれの職場によって違います。でも、聞いた話では金土2連休のところが多いです(大学は土曜授業のところもありますが)。みんな連休で休みたい気持ちは同じですね~。

 

 

仕事が終わるのが超早い!

イスラム教は朝にもお祈りがあるので、彼らはとっても早起きです。朝8時半くらいから仕事が始まります。商店は朝7時半くらいにはもう開いています。

 

それで、だいたい終わるのが午後2時か3時。うちの大学の職員も、ほとんどが2時のバスで帰っています。
3時半まで授業をやっているうちの学科は、授業後に教室を出てみると、まるで廃墟のように静まり返っています。

 

「エジプトは楽でいいなぁ」と思ったあなた。そんなことはありません。
エジプトでは、本業の給料が十分ではなく、副業をしている人がたくさんいます。教授はさすがに副業をしていないようですが、この間学部室の秘書がスーク(市場)で楽器を売っているところに会いました。
夜のほうがスークが活発なのは、副業している人が夜にお店を開くからという理由もあるようです。

 


お昼休みがない!

エジプトの職場には、基本お昼休みがありません。

 

うちの職場は大学なので、先生たちは授業の空きコマにサンドイッチなどを食べています。甘いシャーイ(お茶)やネスカフェ(ミルクコーヒー)は欠かせません。


それから、みんなお菓子が大好き。学生間でもよくビスケットのおすそわけをよく見かけます。

 

お昼休みがないというより、いつでも食べられるというだけなのでは?と思ったりもしていますが、基本的お昼ごはんというのは、仕事や学校が終わったあと(14時とか15時ごろ)食べるものなのだそう。

 

つまり、昼12時ごろ財布だけ持ったOLがぞろぞろと街を歩く日本の丸の内のような光景はいっさい見られません。

 


まとめ
日本では当たり前の曜日感覚や時間感覚が、エジプトでは通用しません。でも仕事中におしゃべりタイムやお茶タイムがあるのは当たり前。みんなとっても楽しそうに喋って、手を動かして、また喋って。


休み時間をきっちり決めないのは、「仕事時間がキツイ」という概念がないからなのかもしれないですね。